2010年03月31日

社民党、比例代表に原元新社会党副委員長を擁立(産経新聞)

 社民党は25日の常任幹事会で、今夏の参院選比例代表の候補者に新社会党元副委員長の原和美氏(61)の擁立と、香川選挙区で前高松市副市長の岡内須美子氏(57)の推薦を決めた。これで同党の比例代表は5人、選挙区では公認候補5人、推薦2人となった。原氏は今年2月に新社会党を離党し、今月14日に社民党に入党した。

【関連記事】
「体調不良」の真相は…前田日明氏、緊急会見を“ドタキャン”
北教組OB5人から600万円 民主・鉢呂氏側個人献金 政治活動全般で依存か
首相は小沢氏を切れるのか
自民も「執行部処遇が本格化」 参院選へ苦難の谷垣総裁
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月

水俣病訴訟 午後に和解合意(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>逮捕の元従業員労働条件に不満 中国発展の影、格差のひずみ (毎日新聞)
不況で共働き増、多数の待機児童出る見通し(読売新聞)
阪大准教授に停職6カ月処分 深夜の研究室で女子院生と2人きり (産経新聞)
<中日本ボクシング協会>流用の元幹部を告訴へ 民事提訴も(毎日新聞)
posted by タケイシ トシミ at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。